百名山リンク集 楽しみながら百名山を完登したい、そんな方のお役に立つサイトのリンク集です。

百名山トップページ基礎知識>登山靴の種類
スポンサードリンク

登山靴の種類とそれぞれの特徴

最近の靴は、その使用目的によって千差万別、多種多様なものがでています。
基本的に使用目的によって、次の4つの種類に分けられます。

ライトトレッキングブーツ

荷物が軽くて、歩く距離も比較的短い登山用の登山靴
荷物が軽くて、歩く距離も比較的短い登山靴

日帰りハイキングや、低山のトレッキング等、荷物が軽くて、歩く距離も比較的短い登山用。
靴は軽く、ローカットのものが多い。ソールは柔らかで、つま先が曲がりやすいので、初めての人でも違和感なく歩くことができます。
価格は1万前後。

ミッドトレッキングブーツ

小屋泊まり1~2泊の縦走登山に適した登山靴
小屋泊まり1~2泊の縦走登山に適した登山靴

靴底が適度に硬いので、急斜面や岩場、ガレ場でも問題なく歩けます。 足首はハイカットになっていて、ねんざ等から保護してくれます。 防水性、耐久性に優れたゴアテックスを使用したタイプが主流。
小屋泊まり1~2泊の縦走登山に適した靴です。 価格は2万~3万程。

オールレザーブーツ

四季を通じての登山から、
		ハードな登山まで全てに対応するオールマイティな登山靴。
ハードな登山に対応するオールマイティな登山靴

四季を通じての登山から、ハードな登山まで全てに対応するオールマイティな靴。
ソールが硬く重い荷物を背負っても足首がしっかり保護できる。
テント泊の長期縦走など、重い荷物を背負い長距離を歩く登山に向いています。
価格は3万~

プラスチックブーツ

冬山やアイスクライミング、
		ヒマラヤ登山など過酷な環境で登山するときに使用する登山靴。
過酷な環境で登山するときに使用する登山靴

冬山やアイスクライミング、ヒマラヤ登山など過酷な環境で登山するときに使用します。
保温のためのインナーシューズ、雪、岩、氷などから足を保護するためのアウターの組み合わせでできています。
アウターはプラスティックでできているので、足になじむということはありませんが、保温性、丈夫さは格段に良い登山靴です。
価格は3万~