百名山リンク集 楽しみながら百名山を完登したい、そんな方のお役に立つサイトのリンク集です。

百名山トップページ基礎知識>下りとストック
スポンサードリンク

下りとストック

登りは楽だけど、下りは膝が痛くなるって人いませんか?
それは、登りよりも下りのほうが膝にかかる衝撃が大きいからです。 下りで踏み出す足は地面までの距離が遠くなるため、自然に勢いがついてしまいます。 しかも、登りで足はくたくたに疲れているのです。その疲れた足に、衝撃を与えてしまえば痛くなるのも当然ですね。 歩幅を小さくしてゆっくり歩けば、足への衝撃はやわらぎますが、速度をコントロールする負荷が常に膝にかかってしまいます。

ストックを使おう

ストックを使うと足への負担がずいぶん軽くなります。
ストックは、持ち手がT字型で一本で使うタイプと、スキーのように二本使うタイプがあります。

登山用1本ストック 登山用2本ストック
一本で使うステッキタイプ 二本で使うスキータイプ

最初は、一本のストックで扱いに慣れたほうがいいでしょう。というのも、二本のストックは両手がふさがってしまうので、 転倒したときに手をつけず危険です。 ストックの長さは、調整できるようになっていて、登りでは短く、下りでは長くしておきます。
長さの目安は、背筋を伸ばして斜面に立ち、ストックを体の前に立てます。このとき、ひじが直角よりもすこし広くなる 程度にすれば、バランスを取りやすくなるでしょう。

使い方のポイント

ゆっくり、足に衝撃を与えないようにするためにストックを使います。 特に、下りでは踏み出す足を置こうとする場所に、ストックを突きます。ストックが足のガイドをするイメージで使いましょう。 また、ストックに全体重を乗せる使い方はやめましょう。
全体重を乗せて使えば、ストックが滑ったり、調整部から縮んだりした時に大きくバランスをくずしてしまい危険です。